SSブログ
前の5件 | -

Quickdraw Contours等深線色分け方法(echoMAP UHD) [Garmin魚探]

皆さん、こんにちは。

echoMAP UHDの等深線色分け方法を紹介します。

Quickdraw Contoursとは地図(釣用地図/航海図)に、等深線を作図してくれる機能になります。因みにGarmin CHIRP echoMAP以上の機種で使える機能になります。私が購入した初代機からです。

【設定方法 Ver:16.10】
①ホーム画面で『地図』を押下する。

②地図画面で『釣用地図/航海図』を押下する。

③「メニュー」>『Quickdraw Contours』>「設定」>「レイヤー」>「地図」>「水深」>
 「深度陰影表示」>「新規深度レンジ」>カラー・深度(最小・最大)を選択し、設定する。

Quickdraw Contours記録中に設定した色にて、表示したい場合は、『カラーを調査する』をオフに設定する必要があります。(作図中の色が決めてです。緑で表示されてる場合は正常に作図できていることを表しており、反対に赤で表示されている場合は正常に作図出来ていないことを表します)



コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

echoMAP UHDの初期設定 [Garmin魚探]

皆さん、こんにちは。

今週末、カヤックフィッシングを見合わせたこともあって、時間があったので、忘備録として投稿します。

①単位設定(m単位)
 「設定」>「単位」>「システムユニット:メートル」
 ※単位設定は、他に、距離、気温、風速、ボリューム、気圧、気温、船速、高度、計器圧が設定可能

②ボート最小安全深度設定
 「警報」>「ソナー」>「浅水域」>「水深変更」>数値入力

③地図設定
 「設定」>「地図」>「釣用地図/航海図」>「メニュー」>「地図設定」>「詳細」>「再詳細」

④GPS設定
 「設定」>「システム」>「GPS」>「WAAS/EGNOS:ON/Galileo:ON」
 ※GPSの精度もリアルタイムで確認できます。GPS24xd等を接続したら、誤差1m以下になると思います。

⑤画面キャプチャON
 「設定」>「システム」>「ディスプレイ」>「キャプチャ:ON」
  画面の「ホーム」釦の6秒以上の長押しで画面キャプチャが取得可能になります。

⑥ActiveCaptain接続設定(Wi-Fi)
 「ActiveCaptain」>「メニュー」>「Wi-Fiセットアップ」>「Wi-Fiネットワーク」
 1)1Wi-Fi:ON
 2)名前の変更(必要に応じて)
 3)パスワードの変更(大文字、小文字、数字、記号を組み合わせた12文字以上)
 4)高度設定
   ・チャンネル:(デフォルトで良い?)
   ・Wi-Fiホスト:このデバイス(デフォルト)
 ※スマート通知(Bluetooth)機能を利用すると、LINE、メール、電話着信等を通知で教えてくれます。


コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

echoMAP UHD 72sv 日本語マニュアル [Garmin魚探]

皆さん、こんにちは。

echoMAPの日本語マニュアルは、Garmin.JPのホームページにから閲覧、ダウンロードが可能となのですが、今、リンク先が切れております。本国のマニュアル公開サイトからであれば、閲覧、ダウンロードが可能でしたので、リンク先を共有いたします。

インストールガイド
フラッシュマウントテンプレート
マニュアル




コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ActiveCaptainで記録した航跡の魚探への転送方法について [Garmin魚探(アプリ)]

みなさん、こんちにちは。

LINEのオープチャットの『魚探の色々な使い方』で、話題となったことを忘備録として記事にします。

ActiveCaptainanアプリで、航跡(ActiveLog)を記録することが可能ですが、記録したデータを魚探へ同期(Wi-Fi経由)することができません。将来的に対応するかもしれませんが、現在のバージョン*では、ウェイポイントのみとなります。*Android版 Ver:23.0.1397 2021/5/23現在

航跡データを魚探へコピー(転送)するには、ActiveCaptainanアプリのユーザーデータからGPXデータとして出力し、出力したデータを魚探で、インポート(内蔵データコピー)することで可能です。

①ActiveCaptainanアプリでGPXデータ出力する
 ・チャート画面の右上の≡(横3本線のアイコン*)を押下する
 ・ユーザーデータを押下する
 ・右上の︙(縦三点リーダー)を押下する
 ・GPXファイルへのエクスポートを押下する(ファイル名は任意)
 ※保存方法は、スマホに依存しそうなので割愛しますが、私は、メールアプリを使って、自分宛に送付しました。*ハンバーガーボタンと呼ぶらしい(笑)

 Screenshot_20210523-112401.png Screenshot_20210523-112411.png Screenshot_20210523-112421.png Screenshot_20210523-112428.png

②魚探へデータインポート(内蔵データへコピー)echoMAP UHD 72sv V16.10の場合
 ・HOME画面で「設定」>「データの管理」>「データの転送」>
  >「カードから内蔵データに追加統合」(ファイル種類はGPX)>
  >「ファイル選択」>「①で出力したファイル名(garmin_export.gpx)」
 
 21_設定.png 22_データの管理.png 23_データ転送.png

 24_カードから内蔵データに追加統合.png 25_ファイル選択.png 26_ファイル選択2.png
 27_データ転送完了.png
コメント(0) 

魚探の買い替え(その2) [Garmin魚探]

PhotoGrid_Plus_1619056415909.jpg皆さん、こんにちは。

先日、魚探到着しました。

echoMAP 72sv UHD with GT56UHD-TM』です。

購入は、Garminの魚探に詳しい、フィッシング宇佐さんにしました。ブログは、こちらから

とりあえず、魚探の初期設定も完了し、後は使うだけですけど、今週末も天気悪そうなので、行けないかな?新しい振動子をカヤックに取り付けしようかと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GARMIN(ガーミン)7型GPS魚探 ECHOMAP UHD 72svGT56UHD-TM振動子セット
価格:184800円(税込、送料別) (2021/4/22時点)



クイックリリースマウント仕様が変わってました。(続きを読む)


コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。