So-net無料ブログ作成

イカ、タチウオを写す設定 [Garmin魚探]

皆さん、こんにちは。

台風通過後の風の影響で釣りに行けなので、魚探購入した際のメールを見返していたら、イカ、タチウオを写す設定が記載されていたので紹介します。

設定手順は、「echoMAP CHIRP 75sv 4.20」にて確認をしております。途中の表示の内容で、分からない説明部分があります。実際に使って確認してみないと分からないかな?

肝はカラーゲインです。

これは、どの反応をどの色に当てはめるか、どの色から表示するのかということを決める値ですが、カラーゲインを上げると弱い反応が映るようになります。中層の魚やサーモクラインがわかりやすくなります。カラーゲインを下げると微妙な底質が映るようになります。砂とドロなどを見分けやすくなります。

また、ピクチャーアドバンスを使うと反応を横に引き伸ばして表示するのでタチウオなどの反射面積が小さい魚を映し出しやすくします。


《イカを写す》
●カラーゲイン
 MENU>通常魚探メニュー>魚探設定>高等設定>カラーゲインを選択(デフォルトは規定値)
 左右カーソルでカラー+2から+4に設定してください。
 上下カーソルでマニュアルに設定してください。中層のイカがはっきりした反応で出ます

《タチウオを映す》
●カラーゲイン
 MENU>通常魚探メニュー>魚探設定>高等設定>カラーゲインを選択(デフォルトは規定値)
 左右カーソルでカラー+2から+4に設定してください。
 上下カーソルでマニュアルに設定してください。中層のタチウオがはっきりした反応で出ます

●表示
 ダウンビュー/通常魚探の画面で設定できます。※何の説明か良く分かりませんでした。多分、Ver3.50~3.70頃のピクチャーアドバンスの設定方法と思います。
 MENU>魚探のセットアップ>表示>SELECT上下カーソルで表示方法が切り替えられます。

 ピクチャーアドバンス
 送り画面面積を制御します。最大8倍まで可能です。タチウオは反射面積が小さいので写すときに4-8倍まで上げると効果的です。
 MENU>通常魚探メニュー>魚探設定>表示>ピック.前進(ピクチャーアドバンス)>4/1 or 8/1 を選択(デフォルトは1/1)

上の説明にも記載されておりますが、ピクチャーアドバンスを使うと反応を横に引き伸ばして表示するのでタチウオなどの反射面積が小さい魚を映し出しやすくします。

取扱説明書には下記のように説明されておりました。

ピック.前進(ピクチャーアドバンス):ピック.前進:受信した魚探データの各列から1列以上のデータを画面上に描いて魚探ピクチャーの速度を速めることができます。深水では、魚探信号が水底に発信されて振動子に戻ってくるまでの時間が長いため、特に深水で魚探を使用している時に便利な機能です。1/1設定は、魚探リターン1つに対して1列の情報を描き出します。2/1設定は、魚探リターン1つに対して2列の情報を描き出します。4/1設定、8/1設定も同様です。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。