So-net無料ブログ作成

魚探バッテリーの軽量化(その④) [電池(バッテリー)、電源]

皆さん、こんにちは。

海況悪くて、カヤックに行け無かったので、今日は、よくやく完成した魚探のバッテリーの軽量化の最終段階になる艤装を行いました。

・・・[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]

前回、電源投入した時に気づけば良かったんですけど・・・

今まで、ヘディングセンサーは、鉛のバッテリーと同一のケースに収納して使っており、正常に動作していたため、モバイルバッテリーにする際も全く疑うことなく、同一のケースに収納できる思い込んでおりました。

モバイルバッテリーって、磁気を発生するんですね~。バッテリーじゃなくて、電圧を昇圧させる部品とかで磁気を発生させるのかな?

と、言うことで、バッテリーの軽量化は、一から見直しです。

鉛バッテリーを使う選択肢もありますが、やっぱり軽くしたいです。

軽くするには、モバイルバッテリー化は、避けられ無いので、ヘディングセンサーを外部設置するのが妥当なんですが、今、使っているG-Fishing製のヘディングセンサーはIPX6で防水ではないため、インハルに設置することができません。前のヤフオク!版も確か防水ではなかったと思います。ヘディングセンサーのみ防水ケースに収納ってのも有りと思いますが、トータルで考えると軽量化に余りならなくなってしまいそうです。

今、ヤフオク!で、売ってるヘディングセンサーは防水タイプとなるため、インハル設置は可能かな?

とりあえず、今日、時点は、一歩進んで、二歩下がった感じです。[わーい(嬉しい顔)]

コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。